お仏壇の通販サイト最新ランキング

HOME > 仏壇の最新情報 > 仏壇とお位牌の違いとは

仏壇とお位牌の違いとは

 仏壇は小さなお寺だとも言われています。お墓参りになかなか行くことができない場合でも、家に仏壇があれば毎日、朝晩、そしてお参りしたいときにはいつでも手を合わせることができます。そのため、須弥壇と呼ばれる仏壇の中にあるいちばん高い場所にはご本尊をお祀りします。この須弥壇は、仏教世界の中心にある須弥山を表していると言われています。その場所にお祀りするご本尊は宗派によって仏像、曼荼羅、掛け軸など違いがあります。ご本尊の購入は、自分の宗派の確認を忘れないようにしましょう。位牌はこのご本尊がある場所よりも低いところにお祀りします。仏教の世界では、人が亡くなり故人となると仏様の弟子になりますが、仏の弟子となった名まえが戒名です。位牌には戒名と俗名、亡くなった年月日が書かれており、残された家族にとって位牌は故人を偲ぶ大切なものとなります。

 初めて仏壇を購入する場合には、四十九日以降に購入することが多くなっているようです。四十九日は亡くなってから行われる法要の中でも特に重要視されおり、ひとつの大きな区切りともなります。四十九日を迎えて忌明けとなりそこで故人は仏となります。仏壇の購入はそれ以降がよいと言われているのはそのためです。仏壇と一緒に必要な仏具も用意します。最近は仏壇も通販で購入することができるようになっています。仏壇専門の通販サイトも多くあるので、それぞれ値段などを比較して購入することができます。配送はほとんどのサイトが全国に対応しているので、仏壇店が近くにない場合でも購入は可能となっています。また仏壇だけではなく、位牌や仏具も注文することができるようです。臨終後にすぐに作られる白木の位牌は仮位牌と呼ばれ、葬儀はこの仮位牌で行います。これは忌明け後にはお寺に納め、仏壇には本位牌をお祀りします。

 四十九日の法要のときには、仮位牌から本位牌へと僧侶によって魂を入れ替えられます。そのため、本位牌は四十九日までに準備しておく必要があります。位牌の制作には日数がかかるので、余裕をもって注文するほうが良いようです。仏壇を通販で購入する場合、位牌も一緒に購入するのであれば、日数をよく考えて注文することが望まれます。仏具も同様です。仏壇がなくても位牌をお祀りすることができないわけではありません。位牌の購入時期と仏壇の購入時期に若干違いがあるため、そのタイミングが難しいかもしれません。しかし、故人を偲ぶためにとても大切な位牌と、それをお祀りする仏壇は用途に違いはあっても同じく非常に大切なものとなります。そのため、通販の場合は特に購入の時期をきちんと見極める必要があるかもしれません。

カテゴリー